里山日記

北摂の里山近くに住んでいます。里山をぶらぶら歩きながら撮った虫や鳥、花の写真を載せています。時には旅先で撮った写真も載せます。

昆虫

気温3度。強い風が吹き、北摂では珍しい、12月の雪混じりの日でした。そんな中、カメラを持って歩いていると、強い風の中、クスノキの幹に必死につかまっている蛾の姿を見かけました。

イメージ 1

ツマグロエダシャクのメスです。お腹が大きく、食草がクスノキなので、きっとどこかに卵を産もうとして、必死につかまっているのでしょう。そういえば、先月も同じような光景を見ました。

イメージ 2
(2012.11.19 撮影)

このときは、クスノキの隣にある桜の木の幹でした。やはり強い風の中で、翅をばたつかせながらも必死につかまっている姿は印象的でした。ツマジロエダシャクというと、止まる姿が変わっていることでよく知られています。

イメージ 3
(2009.5.30 撮影)

この写真のように、前翅と後翅の間に隙間をあけた止まり方をします。

イメージ 4

風が止んだ時にふと見ると、今日は普通の止まり方をしていました。あれっ、こんな止まり方もするんだ。翅を離して止まるのはどんな意味があるのでしょうね。

秋も深まってくると虫の数もめっきり少なくなります。

午前中の1時間ほど紅葉と木の実を見に、近くの河原に行ってみました。気温は15度。

ちょうど林が切れて川にぶつかり、ちょっとした崖になっているところが
私のお気に入りの場所です。
夏ならば、ここでいろいろなチョウが崖を上ったり下りたりします。

しばらく待っていると、木の葉に注ぐ陽の光の中で何かキラキラ光っているのが見えました。

イメージ 1

ムラサキシジミです。でも、いつものような元気さはなく、葉に止まってじっとしています。
青い模様が輝いて大変きれいでした。
今頃はチョウの写真を撮るにはもってこいですね。

もうしばらく待っていると、今度は

イメージ 2

ウラギンシジミが見えました。
ちょっと羽ばたいては葉に止まってじっとするという行動を繰り返していました。
あの元気なウラギンシジミも今は日向ぼっこなのでしょう。

このほかアカタテハやモンキチョウもやってきましたが、これらは元気に飛んでいきました。

イメージ 7

河原ではジョウビタキも来ていました。

しばらくしてから、川から引いている用水路沿いを歩いてみました。

イメージ 4

その日見た唯一のトンボに出会いました。
はじめ、マユタテアカネかなと思ったのですが、胸の模様からアキアカネのようです。
私が近くに寄ってもじっとしていました。

この用水路沿いには虫が多くやってきます。6月ごろならホタルが乱舞するところです。

イメージ 5

セイタカアワダチソウの蜜を吸っているのはオオハナアブでした。

イメージ 6

水色のきれいなアブにも出会いました。
後で、インターネットで調べてみると、ヘリヒラタアブのようです。はじめて見ました。



夕方5時前に、もう一度河原に行ってみました。木の実の種類を確かめるためです。

少し暗くなりかけた河原で、セキレイがジャンプを繰り返していました。
きっとこの時間になると川面に小虫がたくさん集まるからでしょう。

その瞬間を写真に撮ろうと思ったのですが、もう暗くて、ぶれた写真ばっかりになってしまいました。

イメージ 8

スマートな姿を見せているのは、キセキレイです。

イメージ 9

これは、セグロセキレイです。
普段は黒っぽい姿に見えますが、飛ぶと白さが目立ちます。

イメージ 3

やがて、チーという声とともにカワセミもやってきて、対岸に止まりました。
でも、ダイビングはせずに、じっとしていました。


我が家周辺の散歩です。
田んぼの稲刈りもすみ、すっかり秋らしくなってきました。山の紅葉はまだこれからという感じです。

歩き始めると、小さな川にかかった石橋にハチが止まっていました。
近づくのは怖いので、ちょっと離れたところから望遠で撮影していました。
ふと見ると女性が橋の中ほどで、私が写真を撮り終わるまでじっと待っているのに気がつきました。
どうぞと手で合図して先に行ってもらいました。

イメージ 1

セグロアシナガバチといって、翅の下の背の部分が黒いのが特徴です。
大型のアシナガバチで、こんなのが周りをぶんぶんいって飛ばれると思わず体を引いてしまいます。

川の土手にはセイタカアワダチソウが咲き乱れています。
そこには無数のハチが来ていますが、その中でも大きなハチが、
体をくねらせるようにして花の間を動き回っています。

イメージ 2

オオハラナガツチバチといいます。触角が長いのと胴体が長いのが特徴です。
このハチは花に夢中で、近づいても意に介しないので、近づいて撮影できます。

畑の端に植えてある木のてっぺんで、ヒッヒッと鳴く声がしました。
ジョウビタキかなと思って声の方角を見てみると、メスのジョウビタキでした。
ジョウビタキはオスもメスも同じように鳴くのですね。

イメージ 3

なおも歩いているとあちこちに大きなクモの巣が張っています。
秋になると俄然目立つ巣で、真中に大型のクモがでんと構えています。

イメージ 4

ジョロウグモです。黄色と黒の独特の色合いやその大きさからすぐに分かります。
このクモは三重に網を張ると聞いたことがあります。自分がいる網の前後に一枚ずつ小さな網を張るのです。
オスとメスの大きさはずいぶん違っていて、でんと陣取っているはメスの方で、
オスは子供のように小型で、メスのいる網に1、2匹ついています。

畑のなかの畔道を歩いていると突然、大型のバッタのような虫が飛び出しました。
しばらく飛ぶと植木に止まり、望遠で見てみると、なんとカマキリでした。
カマキリが飛んだのをあまり見たことがなかったので、びっくりしました。

イメージ 5

この写真からはオオカマキリかチョウセンカマキリか分かりませんが、どちらかでしょう。

散歩もだいぶ終わりに近づいたころ、畑の畔を茶色の小型の動物がさっと横切り、
近くのコスモスの茂みに隠れました。
近づいてじっと待っていたところ、茶色の毛がなにやら動き回っています。

イメージ 6

イタチです。正式にはニホンイタチというそうです。
なんとか茂みを出てこないか、待ち続けたのですが、茂みの中を動くだけでなかなか姿を現しません。
10分ほど待って、とうとう根負けしてしまいました。

およそ1時間半の散歩でした。

↑このページのトップヘ